アートメイクの起源

アートメイクの起源

運勢を落としたくなくなりましてしまってましてしまいましたとしてましてしまったので、眉毛の色が落ちないように、と多種多様な工夫をしたといわれてる。こにみたいな古来からの風習が根付き、染色をしよう、と考えたことが、アートメイクの起源ではないと言い聞かされていますのです。中国では古来から、眉の色が淡い女性は不幸になる、と言われてきており、運勢を保つためにも、女性は墨などを使って眉毛を濃くしようとしたそうです。こにみようかな研究の積み重ねの中で、その染色に使われる色素などにつきましても研究は続けられ、現在のような天然の色素を使った染色、という方法に行き着いたといわれているのです。このようなアートメイクの技術は、3000年前から中国では考えられてきたと言い伝えられていますが、それがやがて大陸から台湾へと伝わっていったのだった。さらに、台湾を訪れていたアメリカ人がその方法を学び、技術を習得し、母国に持ち帰ってさらなる研究を重ねて、現在のアートメイクにかなり目前ものを作り上げたと言い伝えられていますのです。現在では、きり美容の施術というだけでででではなく、医療補助の技術としても発展し、扱えるようになってきました。

トップへ戻る